【メンタル】誹謗中傷を受けても負けないメンタルの作り方。 南行徳美容室ラパンアジール

コーチング&心理学

コンビニでマウントレーニアの新作を見つけると躊躇なく購入する、マウントレーニア自動購入機能付きのラパンアジール山田です。

#焦がしバターより和栗の方が好きだな。

先日メンバーさんに「山田さんってなんでそんなにメンタル強いの?」って聞かれたので、今日はメンタルの事について書こうと思います。

 

 

▼迫害を受ける美容師人生

 

自分は社会に出てから美容師しかやってこなかった人間なので、人生=美容師です。

で、美容師って皆さんが思っている以上に現実的です。

いくら人柄が良くても、実家が美容室のエリート育ちでも現場で結果が残せない奴はお客様からも仲間からも相手にされません。

そんな世界なので競争によるメンタルのトレーニングは日常的に行われているのだと思います。

僕の後輩でも競争からのストレスで心身症を患った子もいますし、そんな話は珍しくもない世界です。

そこにきて僕はどうやら行動が目立つようで、影で文句や誹謗中傷はよく受けていました(笑)

「アイツは組織に従わない。」

「なんで今更エフィラージュカットなんてやるんだ。」

「なんであんなダサいこと発信してんだ。」

など、いろいろと好き勝手言われ迫害を受けて育ってきてます。

#お前の性格の問題だろ

 

▼タイプ分けしてみた。

 

でも、僕はあるとき気づいたんです。

この誹謗中傷や文句を言ってくる人たちのタイプには特徴があると。

文句や誹謗中傷が多い人たち、

・僕より結果出せてない人(人に好かれない、仕事だけの結果ではない)

・努力してないで人のことばかり気にしている人

・自分より楽しくなそさそうな顔して仕事してる人

逆に誹謗中傷や文句を言ってこない人、(僕を擁護してくれる人)

・自分に余裕がある人

・チャレンジ精神が旺盛な人

・そもそも人に興味がない人(笑)

 

これに気づいたときに「あーただのひがみかっ!」て思えたんです。

どう自分が解釈するかはいろいろあると思いますが、僕はここで「受け流す」というスキルを覚えたんです。

要するに無視するのが一番なんですよね。

 

▼それでも攻撃の手を緩めないやつらの対処法。

 

それでも相手が執拗に攻撃して来るときもあります。

#どんな人生歩んでるんだ

 

そういう時は必殺奥義で対応します、「ターゲット外の話は聞かない」です。

これはビールのよなよなエールの社長さんが言っていたのですが、自分のターゲット(よなよなのビールを飲んで欲しい人たち)の意見は聞くが、それ以外の人たちの意見は聞かない。ということ。

僕はこれを自分なりに転換して、「自分の憧れている人や目標としている人、仲間の意見」は聞くが、それ以外は聞かない。というスタンスに切り替わりました。

なので何を言われようと「ごめんなさい!あなたはターゲットなの、あなたみたいになりたくないから別の行動を取ってるんです!」って感じです。

#こういうこと言うから嫌われるんだぞ

 

なので、皆さんももし自分と気が合わない人間がちょっかい出してきたらこんな感じで対応してみてはいかがでしょうか?

メンタルを無理に強くする必要もないですし、わざわざ時間を無駄にしてまで争わなくていいです。

逃げるのが一番楽チンです。笑

 

僕はメンタル(心)について心理カウンセリングやコーチングなどで勉強しています。

なにか悩み事などあれば相談してくださいね( ^ω^ )

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

また書きます_φ(・_・カキカキ