友人のジムがリニューアルすると聞き、Tシャツをプレゼントしました!

考察&思考整理

Amazonの再配達が予定通り来ないと、すぐに商品キャンセルしてしまうラパンアジールの山田です。

#19:00-21:00の再配達を午前中に頼んだのに
#しかも配送状況は配達中
#どこに商品はいったのか?

 

沖縄に住む友人が格闘技ジムの移転拡張を行なったので、お祝いにジムとラパンアジールとのダブルネームTシャツをプレゼントしました♬

プレゼントと言っても、友人にプレゼントではなくこれから新規入会を募っていくと思うのでその際に新規入会特典で活用できたらいいかな?と思い、たくさんプレゼントしておきました。

入会者に喜んでもらえると嬉しいなぁー^_^

千葉から沖縄に通えるわけもありませんが、一応ジムのホームページを貼っておきます。

THE BLACKBELT JAPAN 沖縄

 

▼有言実行

世界に視野を向けて活動を進めることは並大抵のことではないと思うけど、有言実行している友人を見ていますととても刺激を受けます。

僕は幼少期から知っている中なので、ここまでに至る経緯を初期の頃から見てきました。

さて、今回伝えたいことは友人自慢ではなく未来は自分で切り開くものということ。

先のことなんて誰も分からないから、不安に感じる場面は大いにあると思うけどそれでも自分で切り開かなきゃいけない。

と思う反面、別に未来を切り開かなくても今の社会構造で飢え死にすることはないので、今のままでも良いという考えも自分の中にもあります。

自分のことを振り返ると29歳のあの時、別にエフィラージュカットを学ぶ必要もなかったのかもしれない。

それなりに店長クラスで(いや、店長より売り上げ上げていた)活躍はできていたから、そのまま会社に属してキャリアアップしていく道もあった。

でも、そんな予定調和な人生なんてつまらないじゃん笑

というか、新しいことを学ぶって面白いから自分はそっちの道を選んだ。

#今もその習性は続いている

友人は出生のルーツも沖縄にあったから「沖縄から世界に通用する選手を発掘する。」と30歳の頃かな?沖縄に移住を決めた。

結果、今ではアメリカのUFCという総合格闘技のメジャーリーグみたいなところで育てた選手が活躍している。(本当すごいこと!)

 

そうやって頑張って夢を実現している友人を見てると、行動しなきゃ何も変わらないんだよなぁとつくづく思う。

さっラパンアジールも頑張りましょ!!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

また書きます_φ(・_・カキカキ