オープンして10年ほど経つので店内をプチ改装しました。

お店のお知らせ

髪を切る暇がなく、どんどんロン毛になってきているラパンアジールの山田です。

#誰か切ってくれ!

先日、店内をプチ改装しましたのでそちらの模様をお届けいたします。

▼プチ改装。

ラパンアジールもオープンから10年ほど経ちまして、店内美化はしていますがなんとなく飽きが出てきました。

そこで、内装のプチリニューアルをしたのですがめちゃくちゃ良い感じになりました☆

カフェやインテリアショップに行くたびに「内窓ってオシャレだよなぁ〜。」って思っていたので、実際に店内に内窓をつけてみたのですが、予想通りオシャレでした♬

 

壁紙も剥がさなきゃいけなかったので、それなら少し遊びましょう!ということで変更。

表は明るい感じで店内に馴染むように明るめのトーン、

裏はフロアを広く見せたかったので、グッと締める感じでダークトーン、

写真で分かるかな??

内窓の効果で店内の開放感が出ましたので、居心地の良さアップしていたら嬉しく思います。

ご来店時にご確認ください(笑)

▼工事の風景を少しだけ。

工事当日は監督にお任せして、自分は前半戦でお店を出たので途中までですが、工事の雰囲気です。

まずは店内を汚さないように養生をしっかり、

その後、墨出し、

個人的にこの工程が全てを決めると言っても過言ではないので墨出しは好き作業です。

そして、

綺麗にカット。

この時点ですでに開放感が出ました☆

その裏ではこの窓枠を塗装屋さんが染色、

既存の木に色合わせをしてもらいました。

これは地味に手間がかかる仕事で、端材で何度も色合わせを繰り返していました。

最終的には塗料を塗った後に木材に染み込ませすぎず、すぐに拭き取る!というやり方で合わせていました。

科学の研究のようでした(^^)

それと天井吊り下げのモニター、

アートギャラリーの延長線で映像作品も流せたら良いなと思い、取り付けました!

こちらも配線コードをどこから取るか?天井裏をグルグル探していたようです。

設置してしまえば、なんてことない感じですが設置する前段階にはかなりの労力がかかっているので、大切に使わなきゃなぁと思います。

そんなわけでプチ改装が終わりましたがやっぱり職人の仕事ってカッコいいっす!!

作業風景を見学させてもらい思ったのが、仕事だから丁寧にやっているのではなく自分たちが気分よく仕事したいから丁寧さも心がけているということを感じました。

ものづくりの世界ってこういうのなんだよなぁ〜ってつくづく思います。

監督、職人の皆さんありがとうございました☆

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

また書きます_φ(・_・カキカキ