【考察】今回の騒動から見る、美容室のあり方について。 南行徳美容室ラパンアジール

個人的な思考整理

今回のウィルス騒動で改めて美容室のあり方について考えた。

社会的にはメインにはなりにくい職業だけど、縁の下の力持ち的な存在ではありたいよね☆

今日はそんなお話です。

 

 

ちらほら聞くこんな話。

どこのサロンでも同じだと思いますが、会話の中心はやはりウィルス関連の話題。

とくに買い占め問題については、うちのメンバーの皆さんはいろいろ感じることがあるみたい。(みんなもそうだと思う)

なかでも多い意見が「震災の時はみんな助け合っていたのにね。」という意見。

ボクもそれはすごく感じていた。

あの時は「絆」「助け合い」などの言葉が飛び交っていたのに、今はどうでしょうね。

自分さえ良ければ、、、という思考が強まってきてるのかなぁ?と感じてしまいます。

でも、本音で言ってしまえば「自分さえ良ければ」という気持ちを持つのも理解もできる。

だってみんな自分が可愛いから( ̄▽ ̄)

もっと深いところを突くと、本能的なことでもある。

本能で動くのは動物、自分が寝たい時に寝てお腹が空いた時に食べて、、、

でも人間には理性があり、前頭葉も脳には備わっています。

(話が難しくなってきた?w)

理性というのは本能を抑える役割があります。

前頭葉にはクリエイティビティ(発想、気を使う)を司る機能があります。

だから、理性が優れば「ここで自分が買い占めたら周り困るな、今は助け合っていこう。」って発想が生まれるはずなんだけどね。

ちょっと話が脱線してきたのでサロンの話に戻します(笑)

 

あの時に感じたこと。

で、震災の話をメンバーさんとしていて思い出したことがあります。

あの時つくづく美容師って無力だな、、、って感じたんですよね。

家がなくなった状態で「髪をキレイにして元気になりましょう!」って言われても、正直言って「元気になんかなれねーよ!」ですよね。

じゃあどうすれば社会が不安ムードになった時、美容師という仕事が機能するのか?

もう僕らはただただ元気に仕事をしているしかない!これに尽きると思います。

そして、お客様が抱いている不安やストレスをただただ聞いてあげる。

美容師って不思議な仕事で、スタッフとお客さんっていうとなんか距離が遠いし、友達ってわけでもなし(馴れ馴れしすぎる)かといって髪の主治医なんて偉そうすぎるし。

それでも、ヘアスタイルで気分をリフレッシュさせられるし、なんか人生の分岐点(進学や就職、結婚)にも携われれるし、実に不思議な職業です。

だから、なんとなーく社会が不安定になってきたら、心の拠り所になれるサロンを準備しておかなきゃいけない。

サロンだけでなく、個人としてもね☆

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

また書きます_φ(・_・

 

 

☆★☆店舗情報☆★☆


南行徳美容室ラパンアジール 

047−702−8626(完全予約制)月/火曜定休 駐車場有

http://www.lapin-agile.link

 

新鎌ヶ谷美容室ラパンアジール ソム

047−401−6888(完全予約制) 火曜定休 駐車場有

http://www.lapin-agile-somme.link

 

◇◆◇スタッフ募集中◇◆◇

ラパンアジールではスタッフを募集しております♬

お問い合わせは 047−401−6888(人事担当:中村)まで

見学も随時受け付けていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください♬

 

▼▼LINE(リクルート専用)からでも応募可能ですので、ご登録お待ちしております▼▼

友だち追加

     
The following two tabs change content below.
1980年、千葉県鎌ヶ谷市生まれ Parisで考案されたエフィラージュカットを習得後、「ヘアスタイルは人生を変える」という想いからHairstyle for Lifestyleというコンセプトを掲げ、2014年に美容室Lapin-Agileを設立。 美容師としてはフォトコンテスト優勝、カットコンテスト入賞、著名人担当などの経歴を持つが、サロンワーク以外にもファッションショーでのヘアメイク、学生へのキャリア教育活動活動や合同絵本制作、コーチングスキル習得といった多岐に渡る活動を行い、美容師を通じて社会貢献度の高い活動を進めている。 2014年 美容室Lapin-Agileを設立 2017年 2号店Lapin-Agile somme出店