自己成長は誰のためなのか?

こころ

ラパンアジールはスタッフに対してノルマなどは課していません。

 

なぜかというと自分で考えて行動することが大事だからです。

 

しかしながら自発的にラパンアジールのスタッフ2人はよく動いてくれています。

 

梅崎は技術トレーニングの計画を自ら考え、中村はサロン活性のための計画を実行しています。

 

なんのためにそうしてるのか?

 

もちろん自分のためですよね。

 

自分のために自発的に行動するってことは「自己成長」に直結します。

 

自分自身を成長させるのは自分しかできません。

 

 

これチームに置き変えたらどうでしょうか?

 

例えばラパンアジールを成長させるにはどうしたらいいでしょうか?

 

山田がグイグイ引っ張っていくべきなのか?

 

梅崎が底上げしていくべきか?

 

中村が活性剤となり勢いを与えるか?

 

どれも正解でどれも必要不可欠なことです。

 

以前も書きましたが、チームが成長するにはチームが喜ぶことをすればいい

 

これはかなり大事なことを教わったと思います。

 

小さなチームだと個人の行動が色濃く反映されます。

 

何もしない集団より個々がそれぞれの目標のために動く。

 

それがチームの活性化につながることがラパンアジールが成長することになります。

 

ゆくゆくはそれがラパンアジールの文化になり上昇志向の強いチームが完成します。(予定)

 

個人へのノルマをトップが課したところでやれない人間はやれないですし、できる人間はノルマ課せられる前に自分で考え行動します。

 

まぁ中にはできるけどノルマ課せないとやらない人間もいます。

 

宝の持ち腐れタイプ、、、実にもったいない。

 

強くなるかなぁラパンアジールd( ̄  ̄)

 

 

 

☆★☆店舗情報☆★☆


南行徳美容室ラパンアジール 

047−702−8626(完全予約制)月/火曜定休 駐車場有

http://www.lapin-agile.link

 

新鎌ヶ谷美容室ラパンアジール ソム

047−401−6888(完全予約制) 火曜定休 駐車場有

http://www.lapin-agile-somme.link

 

◇◆◇スタッフ募集中◇◆◇

ラパンアジールではスタッフを募集しております♬

お問い合わせは 047−401−6888(人事担当:中村)まで

見学も随時受け付けていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください♬

 

▼▼LINE(リクルート専用)からでも応募可能ですので、ご登録お待ちしております▼▼

友だち追加

     
The following two tabs change content below.
1980年、千葉県鎌ヶ谷市生まれ Parisで考案されたエフィラージュカットを習得後、「ヘアスタイルは人生を変える」という想いからHairstyle for Lifestyleというコンセプトを掲げ、2014年に美容室Lapin-Agileを設立。 美容師としてはフォトコンテスト優勝、カットコンテスト入賞、著名人担当などの経歴を持つが、サロンワーク以外にもファッションショーでのヘアメイク、学生へのキャリア教育活動活動や合同絵本制作、コーチングスキル習得といった多岐に渡る活動を行い、美容師を通じて社会貢献度の高い活動を進めている。 2014年 美容室Lapin-Agileを設立 2017年 2号店Lapin-Agile somme出店