歯車が噛み合わない時はどうやって考える?

こころ

 

メンバーさん「なんだかさ、最近歯車が噛み合わないんだよね。」

 

ヤマダ「そうなんですねぇ、そういう時もありますよ。」

 

メンバーさん「なんでなんだろうなぁ〜」

 

ヤマダ「でも、考え方変えてみたらどうですか?」

 

メンバーさん「どうやって?」

 

ヤマダ「話の内容がわからないので的外れかもしれないですけど、歯車が噛み合わない時ってひょっとしたらギアチェンジしようとしているんじゃないですか?」

 

メンバーさん「ギアチェンジね。」

 

ヤマダ「車だって1速から4速にいきなり変えたらおかしくなりますからそれと一緒ですよ、別に噛み合わないのが悪いんじゃなくてゆっくりシフトチェンジしていけばいいだけですよ。」

 

メンバーさん「なるほどね☆」

 

ヤマダ「偉そうにすいませんでした(笑)」

 

昨日もこんなこと書いたけど、大事なのは物事の捉え方。

 

そして大事なのは「思考」なんだけど、自分の思考の癖をどれだけ見抜けるか?が重要。

 

ネガティブとかポジティブとかじゃなくて、自分はどうやっていつも物事を捉えてるのか?

 

自分だけの目線?

 

他人からの目線?

 

社会的な目線?

 

さまざまだと思うけど、どうなんだろうか?

 

みんなの頭の中はどうなっているんだろう?

 

自分の場合、

 

自分のためはあまり頑張らない、というか頑張れない。

 

なんでかっていうと自分で自己処理(自己完結)しちゃうから。

 

「これだけできればいいや」「まぁやれた法なんじゃないの」みたいに勝手に低いゴール設定をして満足して終わる。

 

だから自分の場合は「人のために」という思考のベースを基準に置いている。

 

「〇〇さんの髪の悩みどうすれば解決できるかなぁ?」

「△△さんカラーでおしゃれしたいって言ってたからデザイン考えなきゃな!」

 

とか仕事をする上でも自分にとっては欠かせない思考ベース。

 

ざっくりいってしまうと、どうすれば社会貢献度が上げられるかな?ってことなのかもしれないけど、そんなに自分に対してナルシストなタイプでもないから自分に対して何もないから「人のために」っていうことが自分には一番しっくりくる。

 

思考の原動力なんだろうな。

 

ナルシストだったらどう自分が恥をかかずに過ごせるか?なのかな原動力って?

 

お金が大好きな人は預金残高が増えていくことが原動力なのかな?

 

この人は絶対ナルシストだと思う。

 

人それぞれ考え方って違うから面白いよなぁー

 

でも基本はネガティブに考えないことだね☆

 

本日も偉そうにすいませんでした!笑

 

 

 

 

 

☆★☆店舗情報☆★☆


南行徳美容室ラパンアジール 

047−702−8626(完全予約制)月/火曜定休 駐車場有

http://www.lapin-agile.link

 

新鎌ヶ谷美容室ラパンアジール ソム

047−401−6888(完全予約制) 火曜定休 駐車場有

http://www.lapin-agile-somme.link

 

◇◆◇スタッフ募集中◇◆◇

ラパンアジールではスタッフを募集しております♬

お問い合わせは 047−401−6888(人事担当:中村)まで

見学も随時受け付けていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください♬

 

▼▼LINE(リクルート専用)からでも応募可能ですので、ご登録お待ちしております▼▼

友だち追加

     
The following two tabs change content below.
1980年、千葉県鎌ヶ谷市生まれ Parisで考案されたエフィラージュカットを習得後、「ヘアスタイルは人生を変える」という想いからHairstyle for Lifestyleというコンセプトを掲げ、2014年に美容室Lapin-Agileを設立。 美容師としてはフォトコンテスト優勝、カットコンテスト入賞、著名人担当などの経歴を持つが、サロンワーク以外にもファッションショーでのヘアメイク、学生へのキャリア教育活動活動や合同絵本制作、コーチングスキル習得といった多岐に渡る活動を行い、美容師を通じて社会貢献度の高い活動を進めている。 2014年 美容室Lapin-Agileを設立 2017年 2号店Lapin-Agile somme出店