スタッフ育成で大事なのは教育論、ラパンアジールは全てに貪欲です。

目標

【ラパンアジールのウィルス感染予防対応について】

消毒用アルコールによる手指消毒、うがい薬の提供、マスク着用にて接客、予約毎に座席の変更、店内換気、空気除菌など細心の注意を払い、安心してご来店していただけるよう心がけております。気がかりな点などございましたらスタッフまでお気軽にお尋ねください。


   

 

まず最初にこれだけは言わせてください。

 

美容室で募集している「カットモデル」というのは髪を切ることが未熟な美容師が練習するために募集をかけています。

 

なので希望通りにならないでしょうし、失敗されることもあるでしょう。

 

だから無料なんです。

 

たまに「希望通りじゃない!」「切りすぎだー!」と騒ぐ方もいらっしゃるんですけど、いやいや「カットモデル」ですよ?と。

 

希望通りに切れるレベルの美容師だったらお金取りますよ、練習台なんだから無料なんですよ。

 

 

 

 

まぁこんなことを書くのもなんですけど、たまにあるんですよねぇカットモデルと美容師のトラブル。

 

うちのスタッフもやらかしました。

 

まぁ原因はコミュニケーション不足。

 

イメージと違うだの、このことはブログで書くだの脅迫めいたことを言われましたし、オーナーさんに直してほしいとまで、、、

 

別にやらかすのはいいんです、練習だから。

 

ブログに書くのも全然問題ありません、練習なんだから。(念願の炎上商法か!?)

 

最終的なチェックは私がやりますが、直しなどはスタッフに任せるのがラパンアジール。

 

(最後は仲良くなって切ってあげましたけどね。)

 

 

まぁカットモデルとのやり取りなんてどうでもいいんです、重要なのはそのトレーニングでなにを吸収できたのか?ということ。

 

そこはスタッフ育成という観点から大いに議論すべき点。

 

イメージと違った→なにが原因だったのか?

苦情が出た→どういう対処をしたのか?

 

カットモデルに文句を言われ感情的になるのもわからなくもない。

ただし、感情的になった時点で練習が終わる。

 

練習が終わるということは無駄な時間を作ってしまうということ。

 

練習をして成長をしていくという過程において大事なのは「学びの姿勢」「成長への意欲」、これが理解できていないとただやっているだけになる。

 

今回カットモデルが文句を言ってきた時点で普通だったらお引き取り願うと思う。

 

でも自分はスタッフの成長材料になると判断し「どの時点で不快に思い始めたか?」「なにが不快だったのか?」質問しまっくた。

 

(カットモデルが悪い人ではないと判断したため)全て聞き出した。

 

正直、カットモデルが怒っていようが泣いていようがスタッフの成長につながればいいだけのこと。

 

ドライだけど私にとって練習台というのは「スタッフの成長」につながればなんでいいこと。

 

しかしながら本人がそれを理解し咀嚼できなくては意味をなさないのだが。。。(どうなることやら)

 

いまの若い世代ってなんか中途半端なんだよなぁ〜自分もそうだったのかな?

 

イキってんならもっと主張しろよ。と思うし、イキってるくせにダサい。(イキってる=いきがってるの意)

 

別にカットモデル喧嘩したっていいよ、練習台なんだし。

 

中途半端が一番ダサい。

 

こんな教育論はダメかしら???

 

 

  最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

また書きます_φ(・_・カキカキ

 

☆★☆店舗情報☆★☆


南行徳美容室ラパンアジール 

047−702−8626(完全予約制)月/火曜定休 駐車場有

http://www.lapin-agile.link

 

新鎌ヶ谷美容室ラパンアジール ソム

047−401−6888(完全予約制) 火曜定休 駐車場有

http://www.lapin-agile-somme.link

 

◇◆◇スタッフ募集中◇◆◇

ラパンアジールではスタッフを募集しております♬

お問い合わせは 047−401−6888(人事担当:中村)まで

見学も随時受け付けていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください♬

 

▼▼LINE(リクルート専用)からでも応募可能ですので、ご登録お待ちしております▼▼

友だち追加

     
The following two tabs change content below.
1980年、千葉県鎌ヶ谷市生まれ Parisで考案された"エフィラージュカット"を習得後、「ヘアスタイルは人生を変える」という想いからHairstyle for Lifestyleというコンセプトを掲げ、2014年に美容室ラパンアジールを設立。 美容師としてはフォトコンテスト優勝、カットコンテスト入賞、著名人担当などの経歴を持つが、サロンワーク以外にもファッションショーでのヘアメイク、学生へのキャリア教育活動活動や合同絵本制作、ブレインコーチ、心理カウンセラーといった多岐に渡る活動を行い、美容師を通じて社会貢献度の高い活動を進めている。 2014年 美容室Lapin-Agileを設立 2017年 2号店Lapin-Agile somme出店